アサイ歯科医院

Tel.03-3392-6484

荻窪駅から徒歩5分│50年以上の信頼と実績

General medical care

一般診療

むし歯治療

むし歯治療というと、「痛い」というイメージのある方も多いのではないでしょうか。 歯医者が苦手な方でも安心して通って頂けるよう、アサイ歯科医院では痛みの少ない治療を心がけています。 麻酔をしっかり効かせることはもちろん、麻酔自体が痛くないように、あらかじめ表面麻酔を行ったり、薬液を体温と同じくらいに温めて刺激を少なくしたり、極細針を使用するなどの工夫をし、痛みの少ない麻酔を行っています。

むし歯治療

こんな症状はありませんか?

  • 歯が痛い

  • 冷たいものが
    しみる

  • 熱いものが
    しみる

  • 顎が
    腫れている

むし歯の進行

むし歯の進行
むし歯の進行

むし歯予防について

むし歯は初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため、発見が遅れがちです。一度進行してしまうと痛みがなくなっても自然に治ることはありません。 むし歯はなってから治すのではなく、なる前に予防することが一番大切です。早期発見・早期治療に取り組めば、それだけ歯を長持ちさせることができます。 家庭での毎日のケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、むし歯になるリスクを減らし、いつまでも健康な歯を守りましょう。

歯周病治療

「歯周病に悩む患者さまに、健康を取り戻してほしい」という思いから、歯周病の治療に力を入れています。
歯周基本治療としてまず歯石除去を行いますが、その後、お口の状態の再評価を行います。この結果によって、以下の3つの選択肢を提示することができます。

・メンテナンスへ移行する
・再度、歯の表面や歯周ポケットなどに付着した汚れを除去する処置を継続する
・歯周外科治療を行う

いずれの選択においても、患者さまのご希望や考えを最大限尊重したうえで、最適な治療方法をご提案いたします。

歯周病治療

こんな症状はありませんか?

  • 口臭が気になる
    口がネバネバする

  • 歯肉が赤く
    腫れている

  • 歯肉から
    血や膿が出る

  • 歯がグラグラする
    歯並びが変わった
    気がする

「たかが歯周病」とお考えではありませんか?

歯周病は頻繁に耳にする病気ではありますが、それゆえに「深刻な病気ではない」とお考えになっている方もおられます。しかし、そうではありません。歯周病は歯を失うことに繋がる病気であるだけでなく、全身の健康にも悪影響をおよぼす危険がある恐ろしい病気なのです。
歯周病の原因菌はお口の中だけでなく、血液を介して全身に運ばれて様々な全身疾患を進行させたり、治りにくくさせたりすることがあります。特に関連が深いとされているのが糖尿病で、歯周病に罹患している方は、そうでない方と比べて血糖値が下がりにくく、糖尿病を重症化させやすいとされています。反対に糖尿病の方は、健康な方よりも2倍以上歯周病になりやすく、進行スピードも速いとされています。
このように歯周病は全身の健康にも悪影響をおよぼすものですので、「たかが歯周病」とお考えにならずにしっかりと予防するようにしましょう。

歯周病の進行

歯周病の進行
歯周病治療

歯周病予防について

歯周病は、お口の中の歯垢(プラーク)などに棲む歯周病菌に感染することで起こります。歯茎が腫れたり、歯槽骨(歯を支える骨)などが溶けたりしますが、初期にはほとんど症状は現れません。
歯周病は歯を失う一番の原因です。初期には自覚症状がほとんど現れない歯周病から歯を守るためには、歯科医院で定期メンテナンスを受けて早期発見・早期治療をはかることが大切です。「症状が現れてから」ではなく、その前に当院へご相談頂き、お口の中の健康チェックを受けられるようにしてください。

小児歯科

お子さまの口内の成長に合わせた適切な治療を行ないながら、「将来を見据えた健康な歯」をつくりあげていくサポートをさせていただきます。
まずはお口の健康の大切さについて、楽しく学んでいきながら、正しい歯磨きができるよう指導させていただきます。
また、シーラント・フッ素塗布などの予防処置を行なうことで、お子さまの大切な歯を守っていきます。

定期的に通院し、しっかりと虫歯予防を行なっていきましょう。まずは親子でお気軽にお越しください。

小児歯科

小児歯科の必要性

  • 上手な歯磨きの
    方法を身につける

  • むし歯予防の
    意識を持つ

  • 成長や発育に
    合わせたお口の
    管理をする

  • 不正歯列に
    ならないための
    頬骨形成を手伝う

小児の予防歯科について

乳歯は永久歯にくらべ、エナメル質も象牙質も半分の厚さしかなく、再石炭化の力も弱いため、虫歯になりやすいのです。まだ歯磨きも上手にはできないので、保護者の方が仕上げ磨きをしてあげましょう。
後に生えてくる永久歯にも影響しますので、虫歯のない口腔内をつくっておくことが大切です。

  • フッ素塗布

    フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面のエナメル質を守り、虫歯菌(ミュータンス菌)の酸を作る働きを抑え、初期虫歯を修復し、虫歯になりにくい強い歯を作ります。虫歯予防や、小さなお子様の初期虫歯におすすめの処置方法です。フッ素の効果を持続させるためには3~6か月に一度受けることをおすすめします。
  • シーラント

    虫歯になりやすい奥歯の溝に、あらかじめ詰め物(フッ素入りのプラスチック系のレジン)を施して、虫歯を防ぐ方法です。6歳前後に生えてくる永久歯(六歳臼歯)は虫歯になりやすいため、特にこの方法が有効です。生えたての未熟な歯が虫歯になるのを防ぎます。

口腔ケア商品

当院では口腔ケアとして
バクテリアセラピーを取り扱っております

バクテリアセラピーとは?

当院では、予防医学の先進国であるスウェーデンのカロリンスカ医科大学において研究開発されたバクテリアセラピーを実施しております。 バクテリアセラピーとは、乳酸菌の一種である母乳由来の天然プロバイオティクス「L-ロイテリ菌」のタブレットを摂取し、全身の免疫力を強化し感染症である歯周病や虫歯を予防する治療です。 このタブレットは継続服用することで歯科領域だけでなく、アレルギー疾患、便秘や下痢、ピロリ菌への効果も証明されておりお子様からお年寄りまで幅広くご利用いただけます。

biogaia

バクテリアセラピーの安全性

バクテリアセラピーは、もともと体内に存在していた善玉菌であるロイテリ菌を補給するもので、安全性は極めて高いといわれています。また乳製品などと違い余計な脂肪分や糖分などが入っていないので食事制限が必要な方や妊娠中の方、また新生児から高齢者の方まで安心して取り組む事ができます。現在欧米の小児歯科や産婦人科、歯周口腔外科、消化器内科などを中心とした世界約60カ国の国と地域で導入を進めています。また、現在すでに問題が生じている方だけでなく、健康な人が普段から予防として安心して取り組める点も大きなメリットです。



歯科におけるバクテリアセラピー

病原菌の多くは、お口から体内に侵入します。つまりお口は、病気から身体を守る「関所」だと言えます。そこで当診療院では、口内菌質を管理するために予防歯学バイオテクノロジー「バクテリアセラピー」に取り組んでいるのです。 まず口内菌のバランス管理から始めることで、お口だけでなく全身疾患に対する治療補完や予防につなげます。これが新しい予防医学「バクテリアセラピー」であり、世界約60箇所近くの国および地域の医療機関が導入を進めているものです。

biogaia

バクテリアセラピーを続けることで・・・

  • 虫歯の原因菌を減らす

    2週間連続摂取することで、虫歯原因菌が約80%減少

  • 歯周病の原因菌を減らす

    歯科医院での専門的なケアとの組み合わせで、効果は倍増。歯周病菌が約90%減少。

  • 口臭を減らす

    1週間ほどの摂取で、起床時のお口の不快感の軽減、口臭が気にならなくなったと実感。

  • 便秘・下痢の便通を整える

    便の量が増えた、臭いが減ったなどを実感。

  • 胃のピロリ菌を減らす

    30日摂取後、胃炎の症状が軽減。約60%の方がピロリ菌の減少。

  • アレルギー症状を軽減する

    アトピー性皮膚炎や花粉症の症状が軽減。1年で約57%湿疹面積減少。


もちろん歯ブラシを頑張ることは大切です。しかし、虫歯菌や歯周病菌の一時的な活動性を抑えても、歯ブラシを少し怠ると菌は元の量に戻ってしまいます。 そこで、当院では虫歯菌や歯周病菌といった悪玉菌に変わって善玉菌であるL・ロイテリ菌を取り入れる事で、悪玉菌を抑え込む『バクテリアセラピー』を推奨しています。

サプリメント

当院ではサプリメント
Lypo-Cを取り扱っております

Lypo-Cとは?

吸収率にこだわった液状のビタミンCサプリメント。
ビタミンCをリポソーム化*することで体内利用効率を高めることを目指して開発されました。

Lypo-Cの主な効能

製品1包1g中にビタミンC1000mg(1g)と必須リン脂質のフォスファチジルコリンを500mg含有し、次のような効果が期待されます。

  • ✓ コレステロール値を上げる
  • ✓ 記憶力の向上
  • ✓ アルツハイマー型認知症の進行抑制
  • ✓ 風邪の予防と治療を助ける
  • ✓ ストレス抵抗力がつく
  • ✓ 発癌物質から体を守る その他